退職代行サービスとは?

今の仕事が辛い
会社を今すぐにでも辞めたい
もしくは会社を辞めたいけどどうすればいいのか分からず困っていませんか?
そんな方にオススメするのが退職代行サービス。

最近は退職代行についてメディアでもよく取り上げられることが多いので
名前は聞いたことがある人が多いと思います。

そもそも退職代行とはどんなサービスなのか?
労働者が会社を退職をしたいが退職させてもらえない
退職したいと会社に言えない時に退職したいという意思を代わりに会社に伝えるサービスです。

退職代行サービスを利用するメリット

労働者の代わりに辞めたい意思を伝えてくれる

退職代行サービスの最大のメリットは第三者が間に入ることにより
労働者が直接会社に辞めたいという意思表示をする必要がなくなります
会社に辞めたいという意思を伝えるのはとても勇気がいることなので
第三者が代わりに伝えてくれるというのはとても助かりますね。

 

上司や同僚に合わずに辞めることが出来る

通常会社を退職する場合は1か月くらい前に上司等に相談をすると思います。
退職する意思を伝えてからも会社には行かなければいけませんが
上司や同僚と気まずい雰囲気になることも少なくありません。
退職代行の場合は労働者の代わりに退職の意思を伝えてからは会社に行く必要がありません
なので同僚や上司に合うことがなくなるので精神的にも楽です。

 

弁護士に依頼するより安い料金で退職することができる

弁護士に依頼すると約10万近くかかる場合もありますが
退職代行では約3~5万円くらいが相場です。

 

退職代行とのやり取りは基本的には電話やメール等で出来る

代行業者のところに出向いたり直接会うということはなく
電話やメール、LINE等のやり取りだけで済ませれます。
直接会って相談をするということも出来ます。
※代行業者によって対応の仕方が違う場合があるので必ず確認をしてください。

 

退職代行サービスを利用するデメリット

お金がかかる

退職代行を利用せれば当たり前ですがお金はかかります。
通常通り自分で退職する意思を伝えて辞めることが出来ればお金はかかりません。

 

退職後に元上司や同僚との仲が悪くなる

退職代行を利用していきなり会社を辞めてしまえばやはり印象は悪いです。
退職した後にも仲が良かった同僚や上司がいて今後も付き合いたいという場合は
事前に相談をするかフォローはしておいた方がいいでしょう。

 

退職代行によってはトラブルになることも

退職代行業者のほとんどは無料で相談が出来るようになっていますが
中には対応がいい加減な業者もあります。
具体的にどのように退職をするのかの説明をしてくれなかったり
こちらが質問をしてもはぐらかされたりすることもあります。

 

法律に関わる交渉が出来ない

退職代行が出来る事は労働者の代わりに退職意思を伝えることです。
残業の未払い請求などの交渉は弁護士でないと法律違反になり出来ません
退職代行サービスによく顧問弁護士と書いてありますが弁護士が直接代行業務を行うわけではなく代行業者が適正に業務を行うよう指導するだけなので交渉は出来ません。

 

退職代行サービスの流れ

1電話やメールなどで連絡
2相談、契約内容の確認
3入金
4退職代行開始
5退職完了

全体の流れとしては上記のようになります。
利用者がすることは3番の入金までで以降は代行業者がしてくれます。

 

1電話やメールなどで連絡
まずは利用者が退職代行サービスに連絡をします。
連絡の方法は電話、メール、LINEの3つがほとんどですが代行業者によって異なります。

 

2相談、契約内容の確認
無料で相談が出来るので申し込む前に気になることや心配事は遠慮なく聞きましょう。相談をしているときの対応が納得いくものであれば申し込みましょう。
退職の理由やいつ退職するのか希望日なども聞かれるため予め考えておいた方がスムーズに進みます。
もちろん会社の情報も必要なため住所や電話番号などが書いてあるもの(名刺など)を用意しておきましょう。

 

3入金
基本的には前払いなので支払いの確認が出来てから退職に向けての手続きが始まります。
※代行業者によっては後払いに対応しているところもあるので相談をしてみましょう。

支払い方法は基本的にクレジットカードか銀行振り込みです。
他に電子マネーに対応しているところもあります。

 

4退職代行開始
相談した内容に合わせて業者が会社に退職の意思を伝えます。会社を退職するまでに複数回連絡をとることもありますが代行業者が代わりにしてくれるので依頼者が連絡をすることはありません。

 

5退職完了
代行業者から退職の手続きが完了したという報告を受けます。
退職完了したという報告を受けた時に質問がある場合はここで聞いておきましょう。

 

退職代行を利用する必要が本当にあるのか

退職代行サービスを利用すれば会社を辞める時の精神的負担はかなり軽減されます。
なので今の会社がブラックであったり自分に合わない仕事をやらされて辛いと思っている人は退職代行サービスを利用する必要があると思います。
ただ今の会社がブラックというわけではなく仕事もそこまで苦ではないという場合はやはり自分で退職する意思を伝えて辞めた方が印象は良いですよね。
もちろんサービスを利用しなくて自分で退職をすることが出来れば費用もかからないのでサービスを利用する必要は特にないのではないかと思います。

 

まとめ

退職代行サービスは近年ではメディア等に取り上げられることが多くなり代行業者の数も増えました。
依頼者が直接顔を合わせずに代行サービスに依頼することが出来るということもあり利用者も増えていると思います。
今では代行業者ごとに様々なサービスがあり退職後の転職サポートまでしてくれたりするところもあります。なので退職代行の利用を考えている場合は自分に合った代行業者を慎重に選びましょう。

コメント